京都新聞販売連合会では、トマトプラス「ウォーキングマッププレゼント」企画にご参加いただいた読者の皆さまを対象に、アンケートを実施いたしました。ご理解とご協力、ありがとうございました。

アンケートでご回答いただいたお声の一部を紹介させていただきます。

●「ウォーキングマップ」実践中の皆様のご意見

歩行困難の身障者でこのプレゼントはうれしい企画。歩行訓練のため毎日、1日2回自宅周辺を2本の杖を使って歩いている。とてもつらいがこのマップに記録することで目に見えるので張り合いが出てくる。5日間で2kmしか進めないが最後のゴールまで頑張ろうと思う。

医者から勧められた。どうしたら良いかわからなかったが販売所の方が親切に届けてくださり、ウォーキングを始めるキッカケを作ってくださった。本当にいつも親切にしてくださり感謝。

楽しみながら自分の努力が見えるのでとてもうれしい。友人と一緒に長く続けられるよう(ゴールまで行けるよう)頑張ります。早速琵琶湖一周します。

子供の頃、東海道五十三次のマラソン企画(校庭を何週走って)というものが合ったが達成できなかった思い出があり、今回は再度挑戦したいと思った。

コース仕立てになっているので実地で歩いたら現在どの辺かなと思いを巡らせるのに楽しい。特に琵琶湖一周コースは景色を思い浮かべながら進んだ。

➡当企画を楽しく活用いただいて何よりです!
お医者さんのお墨付きだなんて光栄です。当企画が読者の皆さまの健康の一助となれば幸いです。
一方で、「歩いた距離をマップに記録していただくことで、日本のさまざまな場所に行ったつもりになって、毎日のウォーキングをよりお楽しみいただく」という企画内容がわかりにくいとのお声も頂きました。より多くの読者の皆さまにお楽しみいただけるトマトプラスを目指し、今後の企画に生かしたいと思います。貴重なご意見ありがとうございます。

●「ウォーキングマップセット」内容についてのご意見

長距離コースもダウンロードではなく、初級同様しっかりとした用紙でほしかった。

○を塗りつぶしていくのも双六のようで面白いが、1㎞単位で歩くわけではなくたいてい小数点の端数も出るので線の間を塗るようなものも良いかと思った。

➡今後、健康促進企画を実施する際に検討いたします。貴重なご意見ありがとうございます。

●その他のご意見

ウォーキングマップの種類を増やして欲しい。もっと色々なコースに挑戦してみたい!

ウォーキング以外にも、体を動かす企画やイベントを実施して欲しい。

➡トマトプラスでは、今後も皆さまにお楽しみいただける企画を鋭意検討中です。ぜひお楽しみに!