星をみつめて

何でもスクラップ帳
地名ものがたり

京都新聞朝刊1面連載「星をみつめて」の専用スクラップブックです。星をめぐる最新の科学や宇宙に影響をうけた文学や音楽、アートの世界、京都・滋賀に残る星の伝説を、天文学者や各界の専門家が紹介します。

こんな方におすすめ!
  • 天文学や伝説に興味がある方
  • 星空を見上げるのが好きな方
星をみつめて
星をみつめて
季節ごとに星の物語が楽しめる

春夏秋冬の夜空を彩る星座や関連する天文学、伝説にも詳しくなります。

特集面でさらに詳しく

毎月2回の特集面には、1面コラムで紹介した星に関する写真や地図、解説などを掲載。天文イベントの情報もあるのでお出かけにも役立ちます。

【「星をみつめて」執筆者】
京都大学花山天文台(京都市山科区)の研究者と花山天文台を支える各分野の専門家。尾池和夫元京大総長や宇宙飛行士の土井隆雄さん、音楽家の喜多郎さんらが協力して、花山天文台を広く人々に楽しんでもらえるような活動を続けている。

  • サイズ:A4サイズ 210×297mm
  • 本文:全75ページ
申し込みフォーム
※「地名ものがたりスクラップブック」をご希望の方は販売所までご連絡ください
ページ上部へ